f18a2a3c805a2317fc09944e5ddef580_s

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた

資格を生かした転職で年収アップをめざそう

給料がなかなか上がらず、しびれを切らして転職を考える人も多くなりました。転職を考えるなら、自分のスキルを上げたりアピールポイントを作っておいたりと、他者との差別化を図りたいものです。

転職する際、年収アップにもつながる資格はいくつもありますが、人気の資格は、ファイナンシャルプランナーや社会保険労務士、中小企業診断士などがあげられます。これらは、業種を問わず自分の強みになる資格です。

資格は持っているだけでは年収アップにはつながりません。それを生かした仕事につくことで、はじめて生きてきます。たとえばファイナンシャルプランナーなら銀行員や証券会社の営業などにメリットがあります。

中小企業診断士の資格も、人気の高まりに応じて認知度が上がっています。経営コンサルタント系での資格としては唯一の国家資格なので、アピール度も高くなります。ビジネスコンサルタント業はもちろん、企業の経営企画部などで力を発揮出る資格なので、年収アップを目指すなら狙いたい仕事です。

中小企業診断士の資格を生かして転職する

働きながら資格取得して、スキルアップを目指す人はたくさんいます。さまざまな資格がありますが、中でも最近注目されているのが中小企業診断士の資格です。「経営の診断および経営に関する助言」を業務とする国家資格で、中小企業の経営課題を診断、助言するコンサルティング業務を行います。

中小企業診断士の平均年収は、約780万円と高額で、転職する際は自分の市場価値を高められる資格といえます。中小企業診断士は、公認会計士や税理士の資格を併用して仕事をしている人が多いので、平均年収が高い一因にもなっています。

しかし、若い人が中小企業診断士の資格を取得しただけで400万円の年収が800万円近くに上がるというわけではありません。経営コンサルタントと言う性格を持つ資格なので、もともとキャリアを積んだ中堅以上のサラリーマンが自己研さんのために取得する、という傾向があります。つまり、もともとそれなりの年収をもらっている人がベースになっている平均年収だということは理解して冷静に判断してください。

そうはいっても、中小企業診断士の資格を持っている、ということは、目標を持って努力ができる人間だ、というアピールにもなります。事実、中小企業診断士の資格試験の合格率は10%前後という難関です。また、独学でも学べますが、学校や講座で勉強する場合は20万~30万円という高額な費用もかかるため、中途半端な気持ちではチャレンジできません。

日本にある企業が占める中小企業の割合は高く、長期的にもニーズが高いことが期待できます。いろいろな面で自分の市場価値を高めるツールとなることは間違いないので、資格を生かした転職活動をおすすめします。

中小企業診断士の資格で年収が一番高い仕事とは

中小企業診断士の資格試験の出願者は、年々増えています。弁護士や会計士の資格ほど深く専門性を求められないものの、会計学から経営学、ITまで企業経営に関する幅広い知識が必要な資格です。それゆえ、他の資格と比較しても幅広い仕事があり、「稼げる資格」としても注目されています。

メインの仕事は、名前の通り中小企業の診断ですが、その受注単価は決して高くありません。金融機関や行政の支援機関などが主な発注元ですが、受注額に関しては価格競争もあります。独立して開業するのもチャレンジですが、仕事があるかどうかリスクも伴います。

中小企業診断士の資格で年収が高い仕事は、会社の規模にもよりますが、経営コンサルティングが挙げられます。将来的に独立を視野に入れて、経験を積むという意味でもやりがいがあります。今ある企業のコンサルティングの他、これから起業を考えている人のパートナーとしての仕事も望めます。

また、サラリーマンとして働くなら、企業の中枢を担う経営企画室での仕事がおすすめです。経験を積んで人脈を広げるなどすれば、起業支援セミナーなどの講師や執筆などの仕事にもつながります。現在勤めている会社でも、財務診断や取引先企業のコンサルティング依頼を受けるなどして資格を生かして、さらに年収アップも見込めます。

中小企業支援センターなどの行政機関でも職員募集をしているケースがあります。行政に付随する機関での業務は、給与水準も高く安定性も高いことで人気です。

中小企業診断士の資格を生かしたいなら転職エージェントに相談

中小企業診断士をフルに生かした転職をしたいなら、転職エージェントに相談するのがおすすめです。転職エージェントは、登録者それぞれに担当制を取っていて、丁寧なサポート体制が整っています。

自分のスキルや経験をはじめ、中小企業診断士の資格を持っていることもアピールして、よりよい条件の転職先を紹介してもらうお手伝いをしてくれます。一般には公開されていない求人も多数抱えている転職エージェントなら、資格を生かせる転職先に巡り合えるかもしれません。

転職で年収ダウンしてしまうのはなぜ?

残念ながら転職者の中には年収アップする人と、逆に年収ダウンしてしまう人がいます。中には転職に失敗して前職の半分以下の給与に下がってしまう人も

転職で年収アップを実現するには、転職先の選び方年収交渉の2つが重要なポイント。

2回の転職経験のある管理人が転職で年収アップするためにしたことをまとめています。

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた


年収アップ転職の成功率を上げるには

年収アップ転職を実現するにはエージェントのサポートが必須。年収アップが可能な求人の紹介と、自分ではやりにくい年収交渉の代行をお願いできます。

年収アップ転職に強いtypeエージェント

利用して転職した人の71%が年収アップに成功している、年収アップ転職に強いエージェント。ただし関東圏のみ対応。

優良求人が多いリクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェント。最大手だけに大企業など優良求人が豊富。typeは関東圏のみですがリクルートエージェントは全国に拠点があるのもポイント。