01ad042d1da9ab36423e77b036bdfb3b_s

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた

転職して年収アップをねらいたい

サラリーマンにとっての「転職」というのは、なかなか高いハードルです。国家資格を必要とするような専門性が高い仕事は、自分のスキルとキャリアをもって転職をすることで自分のキャリアアップや年収アップにつながることが多いですが、専門性がアピールしづらい人の転職活動は難しいものです。

転職したい理由はさまざまですが、Uターン転職の場合は年2~3割年収が下がることは覚悟しておきましょう。そうなるのは、転職活動に失敗した、というわけではなく、そもそもの給与水準が都会と地方では異なる、ということなのでショックを受ける必要はありません。

最近のUターン転職事情

近年、転勤族や、ある程度年齢を重ねたサラリーマンのUターン転職が増えてきました。また、転職するなら年齢が若いうちのほうが有利、だと考える30歳以下の若年層のUターンも増えています。

内閣府が実施したアンケート調査によると、東京に住んでいる人の約4割は地方へ移住したい、という気持ちを持っていたり、実際に検討したりしているということです。理由はさまざまですが、地元に帰りたいというほかに、ゆったりした時間を過ごしたい、食べ物や水、空気のおいしいところに住みたい、など、都会にはない魅力のある生活環境を求める傾向があります。

このように、若いうちは東京でガンガン働いてチャレンジして頑張った人たちも、いつかは地元に帰りたい、と思っている人が多いのです。

地方にもたくさん支店や営業所を持つような大企業に勤めていれば、異動希望を出せることもあります。しかし、両親の病気や介護など特別な事情がない限り、異動希望は簡単にかなうものではありません。

運よく、地元や地元近くの支店や営業所に異動できた場合でも、その次の異動もつきものです。最初に会社を選ぶときに「地元にも支店があるし、そのうち地元に帰れるだろう」と安易な考えで就職すると、あとあと後悔することになりかねません。就職活動をするときは、将来的なビジョンをしっかり持っておくことが大切です。

地方の企業はどうして年収が低いのか

職業や職種によって給料が違うのは当然ですが、働く場所によっても給料は異なります

東京と地方では地価も物価も異なります。同じ生活水準を保つために必要な収入は異なります。地方に本社を置く企業で収入が低いのは、その地方の物価に見合った水準の給与がベースになっている、というのも一つの理由です。

たとえば、会社四季報にはそれぞれの企業の平均年収が記載されています。そこに記載されている数字だけを見比べると、収入の高い低いばかりが目につきますが、低い企業を見てみると、地方に拠点を置く企業が多いことがわかります。

労働者の賃金の実態をはかるために厚生労働省が毎年行っている調査によると、上位は東京都、神奈川県、大阪府などが挙げられています。逆に、賃金の低い都道府県は、宮崎県や沖縄県、岩手県など地方が名前を並べています。平均値で言うと、上位と下位の差は10万円を超えるほど大きく、地方企業の給与水準はやはり都会に比べると低いことがわかります。

サラリーマンの転職も転職エージェントに相談

サラリーマン、と聞くと、専門性が低そうというイメージがありますが、社会人としての経験値はとても高い職種です。様々な経験から、社会人としてのマナーは一通り学べますし、職業モラルやコンプライアンスの意識も一般的に高いものが期待できます。また、他業種・異業種での人脈も広く、仕事上だけでなく、プライベートでもお付き合いができるような魅力的な人物との出会いも少なくありません。

人は、誰かとかかわりながら生きています。組織の中で働くうえでの人間関係を学んだり、お客様とのかかわりを学んだりすることは、サラリーマンとしてはもちろんですが、人間的にもスキルアップできるチャンスです。

Uターン転職は、仕事を続けながら行うことが多いので、面接のスケジュール調整や年収の交渉などを代行して行ってくれる転職エージェントの力を借りると効率的です。

一般的には地方企業は収入面で劣る面がありますが、大手企業の地方支社ならある程度の年収は期待できます。年収に重きを置くのか、転勤の不安がなく安定して働きたいのかなど、優先順位をつけることで転職活動もスムーズに進めることができます。

両親の介護などの理由でUターン転職をせざるを得ない場合は、多少の収入減は受け入れる必要がありますが、転勤のリスクがついてきても収入面を重視するなら、大手企業の地方支社がおすすめです。そのあたりの細かい希望も、あらかじめ転職エージェントに伝えておけば条件の合う求人を提案してくれます。

また、一般には公開されていない求人情報を持っている場合もあるので、複数の転職エージェントを利用してみましょう。転職エージェントによって、強い職種や業界など個性があるので、いろいろ比較して見るのもおすすめです。

転職で年収ダウンしてしまうのはなぜ?

残念ながら転職者の中には年収アップする人と、逆に年収ダウンしてしまう人がいます。中には転職に失敗して前職の半分以下の給与に下がってしまう人も

転職で年収アップを実現するには、転職先の選び方年収交渉の2つが重要なポイント。

2回の転職経験のある管理人が転職で年収アップするためにしたことをまとめています。

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた


年収アップ転職の成功率を上げるには

年収アップ転職を実現するにはエージェントのサポートが必須。年収アップが可能な求人の紹介と、自分ではやりにくい年収交渉の代行をお願いできます。

年収アップ転職に強いtypeエージェント

利用して転職した人の71%が年収アップに成功している、年収アップ転職に強いエージェント。ただし関東圏のみ対応。

優良求人が多いリクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェント。最大手だけに大企業など優良求人が豊富。typeは関東圏のみですがリクルートエージェントは全国に拠点があるのもポイント。