ae1cb270e401998ec4a34c882aac46b2_s

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた

転職後の年収アップのためには事前の下調べが重要

「今の会社の人間関係が辛いから」「残業が多すぎて体調を崩しかねないから」「もっと給料がほしいから」など転職する理由は人それぞれです。

いざ転職を決断した時に「今の会社は転職したいけど、これまでのスキルや経験を活かせる仕事がしたい」という人は同じ業種を選んだり、異業種でもスキルや経験を活かせる仕事を選ぶ人もいます。

また「これまでの仕事は本来自分がやりたかったことではない」と全くの未経験の業種、職種を選ぶ人もいて、こちらのパターンでは「自分のやりたかった仕事ができるなら最初は年収ダウンしてもいい。仕事で成果を出して給料アップを狙う。」と考える人もいます。

ある転職情報サイトを利用し1年間に転職した人のデータを見ると全体6割程の人が「年収がダウンした」と回答し、残りの4割が「アップした」か「現状維持」と回答しています。つまり誰でも転職して年収アップができるわけではないということです。

年収をアップできる転職をするためには専門家のアドバイスをもらいながら事前にしっかりと準備(下調べ)をし、会社選びに失敗しないことが重要です。

転職して少しでも年収アップを狙うなら~年収の高い業種を選ぼう!

転職して年収をアップさせるためにはいくつかのコツがあります。そのうちの一つに「年収の高い業種を選ぶ」という方法があります。年収の高い業種、つまり景気のいい業種であれば高い年収が狙えます。

ある大手の転職情報サイトに掲載された2014年度の全ての業種の平均年収は442万円、そして業種別の年収ランキングによると1位が医療業界、2位がメーカー、3位が金融業界、4位がIT/通信/インターネット業界です。1~4位までが平均年収を超えています。

これらの業界が全く未経験で自信がないという人もいるかもしれませんが、どこかでこれまでの経験を活かせる業種や会社があるはずです。転職エージェントの力を借りながら年収アップを狙える業種を選びたいです。

転職して少しでも年収アップを狙うなら~年収の高い職種を選ぼう!

年収をアップできる転職を狙うなら、業種の他に「職種で選ぶ」という方法もあります。上で説明した同じ転職情報サイトのデータでは2014年に最も年収が高かった職種は金融系の専門職(ファンドマネージャー、投資銀行、ディーラーなど)で、その次にMRの営業職、そして経営企画、ITコンサルタントなどと続きます。

いずれも「自分には難しい」と感じるかもしれませんが、例えば現在IT企業に勤めている人は現在のスキルにあう金融業の会社に転職し、仕事を通してキャリアアップをしていくという方法もあるのです。その他にも将来的に独立できそうな資格やスキルを身につけるために、仕事を通してスキルアップができる会社を選ぶという方法もあります。

あとは簡単なことではありませんが「これだけは負けない」というスキルがあれば独立することを検討する方法もあります。

年収の高い仕事に転職するコツ

最初に説明したように「転職してすぐの年収は悪くても仕事で結果を出して年収アップを目指そう」と考える人がいるかもしれません。確かにこれも不可能ではありません。

そもそも中途採用者は入社する際に年収が決定します。そして新卒者と違って「希望の年収」を言うことができるのです。つまり「入社後」よりも「入社時」の方が大幅に年収をアップできる最適なタイミングと言えます。

中途採用の求人に応募する方法として「自分で応募する」か「転職エージェントを通して応募する」の2種類がありますが、自分で応募する場合は面接で希望の年収を聞かれます。転職で年収を大幅アップさせるためには「お任せします」とか「前職と同じ程度なら・・・」のようなことは言ってはいけません。

まずは「最低限これだけはほしい」という金額は決め、自分のスキルから適正年収を調べ、前職での経験を踏まえて面接でアピールしていきたいです。

年収の高い仕事への転職は「転職エージェント」がおすすめ

そもそも大幅に年収アップが見込める求人情報は多いわけではないため、自分で探すのは難しいです。そんな時には「転職エージェントを通して応募」という方法があります。実はこの方法をとれば年収の交渉を求職者に代わって行ってくれるのです。

まずは「無謀かな」と思える金額でも転職エージェントに相談することで「可能です」「無理です」とアドバイスをもらえることができます。もしくは現在のスキルから希望の年収を叶えることができる企業を探してもらうこともできます。

ちなみにいくつもある転職エージェントはそれぞれに独自の「強み」があります。中でも「年収アップに強い」という所もありますので、このような所に登録してもよいでしょう。このような転職エージェントを利用して転職した人の「7割」以上が転職アップに成功したというデータもあります。

また転職したい業界が決まっている場合には「○○業界に強い」という所を選ぶ方法もおすすめです。いくつかの方面で登録してみることで自分にもっともあった会社を見つけることができるでしょう。

転職で年収ダウンしてしまうのはなぜ?

残念ながら転職者の中には年収アップする人と、逆に年収ダウンしてしまう人がいます。中には転職に失敗して前職の半分以下の給与に下がってしまう人も

転職で年収アップを実現するには、転職先の選び方年収交渉の2つが重要なポイント。

2回の転職経験のある管理人が転職で年収アップするためにしたことをまとめています。

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた


年収アップ転職の成功率を上げるには

年収アップ転職を実現するにはエージェントのサポートが必須。年収アップが可能な求人の紹介と、自分ではやりにくい年収交渉の代行をお願いできます。

年収アップ転職に強いtypeエージェント

利用して転職した人の71%が年収アップに成功している、年収アップ転職に強いエージェント。ただし関東圏のみ対応。

優良求人が多いリクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェント。最大手だけに大企業など優良求人が豊富。typeは関東圏のみですがリクルートエージェントは全国に拠点があるのもポイント。