7faea0e4228c569a133d98f14d4a930d_s

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた

「転職して年収大幅アップ!」交渉次第で夢じゃない

誰でも転職して年収をアップさせたいものです。ある転職情報サイトに掲載された「転職して年収がアップした人のうち、実施にいくらアップしたのか?」というデータについて、最も金額が多かったのが45歳以上の「72万円」です。(30代だと50~60万円程)

転職してからの年収アップ率が少なかった人でも、入社してからの仕事の成果次第では更なる年収アップも可能です。しかし中には「100万円アップした」「200万円アップした」という人もいます。このような人に共通して言えるのは企業から「ぜひうちに来てほしい」と言われるようなスキルを持っている人です。

そもそも転職の際には必要書類上や面接などで「前職での年収」と「希望の年収」を聞かれる機会があるはずです。少しでも給料を多くもらうために前職での年収を少しプラスして言ってしまう人もいるようですが「仕事ができる人だ」と判断されてレベルの高い仕事を任されたり、源泉徴収票の提出で必ずばれてしまう可能性が高いです。やはり欲をかかずに本当のことを話しましょう。

ヘッドハンティングでの転職で年収大幅アップ!

「転職大国」とも言われているアメリカではヘッドハンティングが当然のことながら行われているようですが、実は日本でもヘッドハンティングをする会社が存在します。

そもそもヘッドハンティングと言えば「30代後半以降の中年層で経験豊富な人」がされるイメージを持っている人は多いと思います。確かに業種によってはそうですが、例えばIT業界では20代の流行に敏感で、小さなころからインターネットやゲームに触れてきた世代がヘッドハンティングされる傾向にあるようです。

ヘッドハンティングをされるためには「絶対に誰にも負けない」という特別なスキルを持つ人にならなければいけません。そのためには会社での仕事を通したスキルアップと、自分でも相当な努力が必要です。更にこのようなスキルを多くの人に知ってもらう機会がなければならず、様々な業界に人脈を広げておくとその可能性が高くなります。

言うまでもなくヘッドハンティングをしてもらえれば年収交渉はこちらが主導権を握っているようなもので、大幅なアップが期待できます。

業績のよい業界や会社を選んで年収大幅アップ!

最初にも説明したように「会社選び」に失敗しなければ年収の大幅アップが期待できます。「○○業界に転職したい」というような方向がまだ決まっていない人にはできるだけ業績のよい業界を選ぶことで年収アップが可能です。

業績のよい業界を判断するための一つの目安として「平均年収の高い業界」を選ぶとよいでしょう。ある転職情報サイトに掲載された「2014年度の平均年収の高い業界ランキング」では1位は医療業界の564万円、2位はメーカーの490万円、3位は金融業界の468万円です。更に医療業界を細かく見てみると「医薬品メーカー」が全ての業種の中で1位の680万円です。

業績のよい業界についてはインターネットに様々なデータが掲載されていますが、よほど知名度の高い大手企業でないかぎり業績がよい会社を調べるのは難しいです。そんな時には「転職エージェント」を利用するのがおすすめです。

未経験の業種への転職でも年収の大幅アップ

転職を検討している人中には「もうこれまでと同じ業種や職種は嫌だ」と全くの未経験の業種や職種への転職を狙う人もいて、それでも年収アップは不可能ではありません。

例えば上でも説明した医療業界へ転職したくても「医療業界なんて全くの未経験だから無理」と感じる人もいるかもしれませんが、例えば「別の業種の営業マン」として働いてきた人であれば「医療機器販売会社の営業マン」など、これまでの経験やスキルをどこかで必要としている会社があるかもしれません。

また「士業」のような、将来的には独立して年収の大幅アップが見込めるような資格を取得するために関連の会社に転職し、仕事を通してスキルアップをしていく方法もあります。未経験の業種や職種への転職でも年収アップを諦める必要はないのです。

年収大幅アップのための転職は「転職エージェント」がおすすめ

誰でも転職したら年収を少しでも上げたいものです。できるだけ前職よりも年収をアップさせるためにはぜひ転職のプロである転職エージェントの力を借りたいです。

転職エージェントを利用することのメリットはいくつかありますが、そのうちの一つに「年収(給料)交渉をしてもらえる」ことがあります。面接でほぼ必ず質問される「希望年収」をこれまでの年収よりも大幅アップした金額を言うのは誰もがためらうものです。

しかし転職エージェントであれば希望金額を言えば(無謀でないと判断されれば)会社に直接交渉をしてくれるため、求職者は結果を待っていればいいのです。もし提示された年収に満足できない場合でも転職エージェントの担当者に相談すれば更なるアップも期待できます。

そして転職エージェントが保有している求人情報の数は一般に公開されている求人情報の数よりもかなり多いため、全く別業種への転職でも自分のスキルを活かせる所を見つけてくれます。転職後の年収アップを叶えるためにもぜひ、いくつかの転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職で年収ダウンしてしまうのはなぜ?

残念ながら転職者の中には年収アップする人と、逆に年収ダウンしてしまう人がいます。中には転職に失敗して前職の半分以下の給与に下がってしまう人も

転職で年収アップを実現するには、転職先の選び方年収交渉の2つが重要なポイント。

2回の転職経験のある管理人が転職で年収アップするためにしたことをまとめています。

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた


年収アップ転職の成功率を上げるには

年収アップ転職を実現するにはエージェントのサポートが必須。年収アップが可能な求人の紹介と、自分ではやりにくい年収交渉の代行をお願いできます。

年収アップ転職に強いtypeエージェント

利用して転職した人の71%が年収アップに成功している、年収アップ転職に強いエージェント。ただし関東圏のみ対応。

優良求人が多いリクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェント。最大手だけに大企業など優良求人が豊富。typeは関東圏のみですがリクルートエージェントは全国に拠点があるのもポイント。