ad1c226dcc1e771366be7b6c075bd256_s

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた

42歳からの転職事情は?

リーマンショック以降長かった不況を切り抜け、近年では景気回復の傾向があり、転職市場も活発化しています。しかし、求人が多いのは昔と変わらず20代後半~30代前半まで。確かに30代後半~40代の求人も増えてはいますが、相対的に見ると少ないのが現状です。

このため、40代の転職希望者は狭き門を多くのライバルと競い合うことになり、内定を勝ち取るためには強い心構えと事前対策・準備が必要となります。今回は、42歳から転職を検討している方に向け、転職を成功させるためのポイントや様々なお役立ち情報を紹介します。

まず、気になる42歳の転職事情ですが、以下に42歳の転職者の平均年収アップの成功率と年収アップ額について列挙します。

DODA転職支援サービスによる年収アップに成功した人の割合は、20代後半の14%が最も高く、次いで30代前半、20代前半、30代後半と年齢と共に下がり、40歳~44歳では12%となっています。

調査対象者の年齢が、20代半ば~32歳が最も多かったこともありますが、やはり年齢が上がるにつれ、転職で年収アップを成功させるのは難しい傾向があります。一方、年収アップ額については以下のような結果になりました。

1位 45歳以上 70万円
2位 40歳~44歳 66万円
3位 30歳以上 58万円
4位 25歳~29歳 52万円

以上年収アップに成功する人の割合は20代後半が多いものの、実際にアップした年収額は45歳以上が最も多い傾向が見られました

42歳の平均年収と企業の業界別年収額は?

転職を考えるきっかけとなる大きな原因の1つは年収です。特に40代になると子どもの教育費や住宅ローンなど様々な諸経費の他、定年後の蓄え等、今後のライフビジョンをしっかりと立てていかなければならない年代でもあります。

ただ、今の年収が自分のスキル・能力、年齢に見合った報酬額なのか気になるところですよね?因みに40歳~44歳の男女別平均年収額は以下のようになっています。

  • 男性 634万円
  • 女性 281万円

では、それぞれの企業の年収相場はどのようになっているのでしょうか?以下に40歳~44歳の平均年収額が500万円~1000万程度の企業を業界別に列挙しますので是非参考にしてみてください。

職種 年収
不動産業 1000万円程度
銀行業 1000万円程度
情報・通信業 1000万円程度
医薬品メーカー 900万円程度
都市銀行 750万円程度
医療 734万円程度
ソフトウエアメーカー 630万円程度
WEBインテグレータ 500万円程度

42歳の転職 企業から求められるスキル・能力は?

今の仕事の報酬額や待遇に不満があるのであれば、年収・待遇アップを目指し転職を考えるのも前向きな手段です。ただ、上述したように40歳以降の求人は20代~30代に比べるとかなり少なく狭き門となっています。

しかし、企業の求人における年齢制限は多くの場合、目安として設けられているケースが多く、企業の求めるスキル・能力・経験を持っていれば採用されるチャンスはあります。以下に42歳の転職で年収アップに成功するために必要な、企業から求められるスキル・能力について紹介します。

マネジメント能力とプレイングマネージャーとして現場を把握する能力

40歳以上となると会社の若手管理職として、部下をまとめるマネジメント能力やリーダーシップ性を求められる傾向があります。ただ、マネジメント能力だけでなく、現場を理解する能力がなければマネジメント能力は活かせません。つまり、現場を把握するプレイングマネージャーとしての能力とマネジメント能力、両方を兼ね備えていることが大切です。

臨機応変にビジネス環境に適応できる能力

スキルや指導力、人脈、営業力等、今まで身に付けてきた経験を活かし、急速に変化するビジネス環境に適応できる柔軟な発想やスピーディな適応力も必要不可欠です。

プレイングマネージャーとして組織で結果を出せること

プレイングマネージャーとして計画・改善・調整などマネジメントメインの仕事であっても、臨機応変にプレイヤーとしても活躍できること。また、チームの先頭に立ちメンバーを引っ張れるプレイングマネージャーとしての素質が重要視されます。

以上、40代の転職は20代~30代に比べ困難やリスクを伴いますが、上記のポイントを抑え、強い覚悟と意識を高く持つことで、転職で年収・待遇アップを成功させることも充分に可能です。

42歳からの転職 成功率を高めるポイントは?

それでは、転職活動を効率よく進め、実際に転職内定を勝ち取るために、どういった方法がベストなのでしょうか?ここ最近、転職活動の主流となっているのが転職サイトや転職エージェントの活用です。

転職サイトは、「転職活動を1人で頑張りたい」という人におすすめの転職支援サービスです。メリットは、企業の応募から登録等、全ての作業を転職サイト上から行うことができ、自分のペースに合わせて活動できる点です。

ただ、転職活動には多くの手間や時間がかかり、特に働きながらの転職活動となると1人での活動には限界があります。そこで、おすすめしたいのが転職エージェントです。

転職エージェントは、転職サイトにはない稀少な非公開求人を多数把握しています。また、転職活動における手間のかかる作業(企業との連絡・アポ取り、応募書類作成・送付等)すべて代行してもらえる上、担当のキャリアコンサルタントがそれぞれの企業に有効な面接でのアピール法もアドバイスしてもらえる点も大きなメリットです。

以下に40代の転職に強いエージェントを紹介しますので、転職を真剣に検討している方は是非、1度相談してみてはいかがでしょうか?

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • パソナキャリア

転職で年収ダウンしてしまうのはなぜ?

残念ながら転職者の中には年収アップする人と、逆に年収ダウンしてしまう人がいます。中には転職に失敗して前職の半分以下の給与に下がってしまう人も

転職で年収アップを実現するには、転職先の選び方年収交渉の2つが重要なポイント。

2回の転職経験のある管理人が転職で年収アップするためにしたことをまとめています。

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた


年収アップ転職の成功率を上げるには

年収アップ転職を実現するにはエージェントのサポートが必須。年収アップが可能な求人の紹介と、自分ではやりにくい年収交渉の代行をお願いできます。

年収アップ転職に強いtypeエージェント

利用して転職した人の71%が年収アップに成功している、年収アップ転職に強いエージェント。ただし関東圏のみ対応。

優良求人が多いリクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェント。最大手だけに大企業など優良求人が豊富。typeは関東圏のみですがリクルートエージェントは全国に拠点があるのもポイント。