55003dd5dbe4e46514ab93e0397b23b1_s

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた

35歳で転職。業界・仕事別の年収の相場は?

35歳といえば社会人として10年以上の実務経験を経て、それなりのキャリアや実績を積み将来的にやりたい仕事が明確に見えてくる時期でもあります。ただ、30代半ばともなると会社の中では中堅的な立場になり、自分のやりたい仕事ばかりに没頭できる訳ではありません。また、「今の仕事が自分のスキル・能力に見合った報酬額や待遇ではない」という理由で転職を考える人も少なくありません。

そこで今回は、35歳からの転職を検討している方に向け転職成功のためのお役立ち情や転職成功率を高めるポイントについても紹介します。

まず、転職理由の大きな理由でもある気になる35歳~39歳の平均年収と業界別企業の35歳の平均年収をそれぞれ紹介します。

35歳~39歳 平均年収

  • 男性560万円
  • 女性296万円

金融業(銀行員)

  • みずほ銀行(平均39.6歳) 年収1208万円
  • 東京三菱銀行(平均39.9歳) 年収1204万円
  • 三井住友銀行 (平均37.4歳) 年収818万円

商社

大手の総合商社では平均年収1000万円程度と高いのが特徴です。

大手コンビニ社員

  • セブンイレブン 年収608万円
  • ローソン 年収577万円
  • ファミリーマート 年収600万円

転職を決めるポイントは、年収だけでなく仕事へのやりがいも重要な要素です。ただ、30代半ばになると将来的な子供の学費や住宅ローン、老後の蓄えなど将来的なビジネスプランをしっかりと立てる年齢時期でもあります。このため、今の仕事が自分のスキル・能力に見合った報酬額や待遇ではないと感じているのであれば、報酬アップを目指し転職するのも前向きな手段でしょう。

35歳での転職。企業から求められるスキル・能力は?

転職市場ではよく「35歳現職限界説」と言われますが、実際のところはどうなのでしょうか?35歳での転職活動の実態や転職活動をする上で押さえておきたいポイントを紹介します。

35歳からの転職事情は?

アベノミクスや消費回復傾向などを背景に転職市場も活性化されつつあります。ただ、実際には、パートやアルバイトなど非正規雇用の求人倍率は伸びているものの正社員の求人倍率は決して高水準とは言えず、未だ買い手市場にあります。

また、35歳転職限界説とも言われるように、やはり35歳以降は求人募集数が急激に減少する傾向があります。ただ、たとえ狭き門であっても企業が求めるスキルや知識、能力を身に付けていれば、転職で大幅に年収アップを図ることも充分に可能です。以下に35歳の転職で企業から求められるスキル・能力・経験や転職成功のポイントについて紹介します。

35歳の転職で求められるスキル・能力は?

35歳という年齢は、社会人としてそれなりのスキルや経験を積み、部下を指導する若手の管理職として期待される年齢です。このため、即戦力としてのスキル・知識・実績などに加え、会社の中堅として部下をまとめるマネジメント能力やリーダーシップ性、コミュニケーション能力など管理職としての能力が重要視される傾向があります。

実際、マネジメントクラスや経営の若手幹部として、35歳以上の採用がメインとなる傾向があり、即戦力になる人材を求め35歳以上の雇用を積極的に行う企業も存在します。

35歳という年齢に限らず、年齢が上がれば上がるほど転職は難しくなっていきますが、自分のスキル・キャリア・能力が生かせる企業に有効なアプローチをすることで転職内定を勝ち取りましょう。

転職で年収アップを目指すポイント

明確な自己分析

転職するにあたって、まずは自分自身の特徴(強み・弱み)、スキル・能力、ポテンシャルを充分に把握しておく必要があります。転職先企業が求める自己情報を明確にまとめておくことで、「自分にどんな強みがあり、就職することで企業にどんなメリットを生み出すのか」を自己アピールできます。

今までのスキル・経験が行かせる同業種・同職種

今までのスキルや経験、実績を生かし、待遇や報酬ダウンのリスクを防ぐためにも同業種・同職種を選ぶことをおすすめします。10年以上の実務経験から得た経験・実績・ノウハウは、転職先の会社の希望職種への受け入れが可能かどうかの重要な判断材料ともなります。

希望年収額の明確化

転職で年収アップを目指すのであれば、まず事前に希望年収額を算出して明確化させておき、面接の際、希望の年収額をきちんと提示できるようにしておく必要があります。ただ、自己能力以上の報酬を企業に要求することでマイナスイメージにもなりかねませんので、妥当な年収額を算出する必要があります。出費と自分のスキル・能力・実績のバランスを考え、客観的に見て妥当な年収額を算出して「なぜこの年収額なのか」という根拠を明確に説明できるようにしておきましょう。

35歳からの転職 さらに成功率を高めるために

35歳という年齢での転職は失敗のリスクもつきものなので、強い心構えと事前準備・対策が必要です。そこで、転職のリスクや不安をできる限り排除し、確実に採用成功率を高めていくために転職のプロ・転職エージェントを利用することをおすすめします。

エージェントを利用することで応募先企業との連絡・アポ取り、応募書類作成・送付、書類選考、面接などの転職活動の重要な場面で様々なサポートを受けられるため転職活動を効率的にすすめることができます。

また、担当のキャリアコンサルタントにプロの視点で客観的な分析をしてもらえるため、自分のキャリア・強みにマッチした企業を紹介してもらえる上、それぞれの企業のニーズに合った有効な自己アピール法をアドバイスしてもらえる点も大きなポイントです。

ただ一口に転職エージェントといっても多種多様なので、特に30代以上の中高年の転職に強いエージェントを以下に紹介します。是非、参考にしてみてください。

リクルートエージェント

求人数、転職実績ともトップの確かな実績を持ち、求人の質や量、年収アップ成功率も高く、中高年の求人情報も多い

転職で年収ダウンしてしまうのはなぜ?

残念ながら転職者の中には年収アップする人と、逆に年収ダウンしてしまう人がいます。中には転職に失敗して前職の半分以下の給与に下がってしまう人も

転職で年収アップを実現するには、転職先の選び方年収交渉の2つが重要なポイント。

2回の転職経験のある管理人が転職で年収アップするためにしたことをまとめています。

【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた


年収アップ転職の成功率を上げるには

年収アップ転職を実現するにはエージェントのサポートが必須。年収アップが可能な求人の紹介と、自分ではやりにくい年収交渉の代行をお願いできます。

年収アップ転職に強いtypeエージェント

利用して転職した人の71%が年収アップに成功している、年収アップ転職に強いエージェント。ただし関東圏のみ対応。

優良求人が多いリクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェント。最大手だけに大企業など優良求人が豊富。typeは関東圏のみですがリクルートエージェントは全国に拠点があるのもポイント。